MBTI

ISFP(芸術家タイプ)のリーダーシップ

ISFP(芸術家タイプ)のリーダーシップについて解説します。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

個人個人の能力を活かして、平和的に目標を達成してゆきたいと考えます。

対立を好まず、人間関係を重視しながら、ときにうまく調整してグループをまとめてゆくでしょう。

素直なところがあるので、積極的に人から意見を取り入れようとします。

周囲の人間は、このような姿勢を頼りないと思ってはいけません。 他者に耳を傾ける謙虚さを持っているリーダーになります。

自分の利益ばかり考えるのではなく、他者に恩恵を施そうとするでしょう。

ときに現場に赴き、当事者の話しをよく聞いて、 現状をよく捉えながら、それに沿った形で方針を決めてゆこうとすることができます。

ISFPは大人しい性格だと勘違いされていることが多いようですが、 一方で、 Se-Niペアを使うことから、 果敢に現状を乗り越えチャンスをものにしようとするところがあります。

何度も挑戦することで、実際に成功することはよくあることです。 このことは、意外にも見過ごされる事実です。

しかし、計画や合理的判断においては、特に相談する相手を持つ必要があるかもしれません。 側近として戦略的な思考の出来る参謀がいれば、なお良いでしょう。

歳を重ね 外向的思考 が発達すると、信念、行動力をフルに活かし、ビジョンを持って 組織をまとめていく役割を担うことができるようになるでしょう。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用終了(一部改変)

ロードマップ – ISFP(芸術家タイプ) – クリックで開く

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました