MBTI

ENFJ(協力者タイプ)の意思決定方法

ENFJ(協力者タイプ)の意思決定方法について解説します。

当たり前のことかもしれませんが、意思決定の方法は、人によって性格によって大きく異なります。意思決定にはさまざまな方法があり、その方法は人によって少しずつ異なります。ある人はゆっくりと意思決定を行い、あらゆる可能性、不測の事態、角度を考慮してから結論を出し、行動を起こします。また、友人や家族、同僚、メンターに相談するなど、より社交的な方法でアイデアやブレインストーミングを行う人もいます。もし、あなたが仲間と異なる意思決定をするならば、あなたはイライラしたり、ストレスを感じるかもしれません。意思決定の方法に正解や不正解はありません。ただ、あなたの意思決定の方法と、あなたにとって最適な方法があるのです。

とはいえ、意思決定のスタイルが異なる人たちが一緒に仕事をするとなると、緊張感が高まります。お互いを理解することは、コミュニケーションを維持し、仕事を成功させるための鍵となります。MBTIは、チームの他のメンバーをよりよく理解することができ、その結果、より効率的に仕事ができ、ストレスレベルを軽減することができます。

スポンサーリンク

ENFJ(協力者タイプ)の意思決定方法

ENFJは、他の人の生活を向上させよう(=外向的感情:Fe)という意図を持って意思決定に臨みます。意思決定会議に誰を参加させるべきかを慎重に検討し、意思決定の過程で人間的な要素を認識しています。例えば、選択肢を考え出そうとするとき、他人に力を与えたり、チームメンバー間の関係を構築するような行動方針を重視します。ENFJは、このように人道的な視点を持つことにメリットがある一方で、実施の詳細やその他の現実的な制約が重要であり、成功を大きく左右することを認識する必要があるかもしれません。より実用的なアプローチが、理想的ではないものの、より多くの人々に最大の利益をもたらす場合もあるでしょう。

ENFJタイプの人は、意思決定をする際に、思いやりとサポートのある意思決定を行い、対立や意見の相違を引き起こす可能性のある解決策を避けます。チームにENFJの人がいる場合は、妥協を交渉ツールとして使い、対立を異なるチームメンバー間の関係を強化する方法に変えるとよいでしょう。このような絆は、チームメンバーが計画を実行するためのモチベーションを高める際に、特に価値を発揮するでしょう。ENFJは、情熱、温かさ、楽観主義でリードし、障害に直面しても並外れた忍耐力を発揮します。

しかし、幸福、平和、承認を求めるあまり、対立しそうな状況や人をなだめようとするときに威張り散らすなど、極端な行動に出ることがあります。

このタイプは強い信念を持っているため、他の選択肢や、自分の信念や意見以外の事実を調査せずに結論を出すという悪い癖があるかもしれません。これは、急いで形成された選択や、情報に基づかない決定につながる可能性があります。ENFJタイプはまた、意思決定の際に重要な要素を見落とすことがあり、自分の信念が経験的なデータ(=内向的感覚:Si)よりも優先されることがあります。ENFJタイプが意思決定に合理的なデータ(=内向的思考:Ti)を取り入れ、他人の幸福よりも自分の幸福を考える(=内向的感情:Fi)ように努力すれば、この種の問題を回避し、より自信を持って尊敬される同僚・友人になることができるでしょう。

自分が下した決断を振り返るとき、ENFJは自分の決断や行動が他人の感情にどのような影響を与えたかを深く考え、他人の結果を改善するためにどのように異なる行動を取ることができたかを考えます(=外向的感情:Fe)。
さらに、自分が実際に達成した結果が、組織のビジョンや長期的な目標にどのように役立つかを考えることも多いでしょう(=内向的直観:Ni)。このような反省をしているうちに、目標を達成できなければ完全な失敗だと考えるなど、自虐的になったり、過度に批判的になったりすることがあります。しかし、時間をかけて、たとえ目標を達成できなくても、自分は貢献したかもしれない、あるいは正しい方向に進んだかもしれないと気づくべきである。

ENFJの人は、意思決定者や専門家として成長を続けるにつれ、より客観的になろうとするかもしれません。あなたがENFJなら、自分の決断の論理的な結果や意味合いを考え、事実や現在の状況を注意深く検討(=内向的思考:Ti)してみてください。事実に基づいた結果にもう少し焦点を当てれば、あなたの決定の有効性は劇的に改善されるかもしれません。

他のタイプの「意思決定方法」について読みたい方は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

ENFJ(協力者タイプ)をさらに知りたい方へ(相性など)

さらに知りたい方は以下がオススメです(クリックで開きます)↓

相性:相性や他のタイプとの付き合い方を学べる
ロードマップ:基礎→専門的へ と順序よくその性格タイプや性格論(MBTI)を学べる
関連記事:タイプの特徴を学べる(気になるところ見てみましょう)

ENFJ(協力者タイプ)のロードマップ クリックで開く

ENFJ(協力者タイプ)を真に理解するには、心理機能(認知機能)が重要です↓

ENFJの認知機能
  1. 外向的感情/Fe
    (とても得意:優勢機能
  2. 内向的感覚/Ni
    (少し得意:補助機能
  3. 外向的感覚/Se
    (少し苦手:代替機能
  4. 内向的思考/Ti
    (とても苦手:劣勢機能

以下のロードマップを読むことで、認知機能を学びつつENFJを順序よく理解できます↓

↑クリックで開きます↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました